愛車の処分には買取専門店を利用しよう【中古パーツの流通が盛ん】

ニュース一覧

自動車の売却

車

事故歴がある車の価値

自動車を売却する際には様々な要素で買取価格が決まりますが、その中でも事故歴の有無は大きな要素のひとつです。一般的に事故車は買取価格が安くなる傾向があり、場合によっては買取価格がつかないこともあります。しかしながら一概に事故車といってもその状態は様々であり、十分な買取価格が設定される場合もあることを忘れてはいけません。車種の特徴や事故後のコンディションによっては、十分な市場価値を維持している車体もあるのです。以下に記載するケースに該当する場合は、思っていたよりも良い査定結果を得られる可能性があるため、安価な価格で売却してしまわないように気を付ける必要があります。まず一点目のケースは、車種がスポーツカーの場合です。このような車種は中古車市場に流通している物件における事故車の比率が高いため、事故歴があっても査定でのマイナス幅が小さくなる傾向があります。言い換えると事故歴があるのが一般的であり、もし無事故の場合は大幅なプラス査定につながるパターンが多いです。次のケースは事故を起こした後の修復内容が適切な場合です。十分に修理されており自動車の基本性能に問題がなければ、市場価値は十分にあります。最後のケースは、希少性が高くコレクターズアイテムの領域に達している車種の場合です。この場合は仮に自走できないレベルまで傷んでいる車体であっても、部品取りを目的とした需要があります。そのため思った以上の買取価格が提示される場合があるのです。以上のように事故車でも市場価値があるケースは少なくありません。売却しようとする車に事故歴があっても諦めずに、いくつかの買取業者とコミュニケーションをとって適切な買取価格を見極めるようにしましょう。