愛車の処分には買取専門店を利用しよう【中古パーツの流通が盛ん】

ニュース一覧

廃車にするよりもお得

カー

中古パーツとして利用

事故によってフレームなどが変形してしまい、修理するにしても修理料金が高額になったり、廃車にするにしても手続きや費用がかかることから悩みどころです。事故車でも多くの場合、買取が可能なので中古車買取業者に相談してみてください。以前は事故車の買取は考えられず、高額な料金を支払って修理するか、廃車にするしかありませんでした。しかし、今では走行もできない事故車であっても買取りをしてくれることが多くなっています。それは今では中古パーツの流通が活発になっていて、日本だけでなく海外にまで日本車のパーツのニーズが高まっていることがあります。もし、そのまま走行することができなくても、パーツを取ることができれば業者にとっては充分収入源にすることができるのです。廃車にする場合は、解体費用の他に自動車リサイクル料と抹消登録費用が必要になるので、あまり高い買取価格が出なかったとしても引き取ってもらえるのであればずいぶんお得になります。事故車の場合は通常の中古車と比べると一般的に半額程度の買取料金になりますが、事故の程度と車種によって大きく異なります。トラックのような大型車の場合には事故車でもそれほど買取価格は下がりにくくなっています。海外で人気のワゴン車やRV車の事故車の査定も高めに設定されています。事故車を買取ってもらうことを考えるときには、ひとつの業者に拘って査定を受けるべきではありません。事故車は査定額が大きく変わりやすいので、いくつもの業者に査定を受けるようにしてください。